このタイミングに

ウルトラマンガイアを見ていたら、サブタイトルが「雨がやんだら」。クローン内臓を少女に移植するという、内容だったけれど、10年以上も前に現在の話題に近い内容に驚いた。あれはたぶんiPS細胞で心臓を作ったのかと思ったら、やっぱりインチキ研究者のことが頭に浮かんできた。山中教授の業績も、一人の嘘つきのおかげで台無しになるところだった。
しかし、国立大学の職員とは、どんなことを考えているのか?Winny,B-CASのニュースを聞くたび、思ってしまった。

"このタイミングに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント