総合家電メーカーSHARPが苦境に!

昨日のラジオの特集でしたが、個人的にはそんなにメジャーな企業のイメージがないですね。「目のつけどころが、シャープでしょ」なんていうキャッチコピーがあったけれど、たしかにアイデアは良いのですが、日立と同じでそれが大衆に受けるかと思うとそうでもない。パナソニックの方が丈夫で長持ちするし、田舎に行くと「ナショナル」の看板ばかりあるので安心感があるし、親しみやすいので買ってしまう。ソニーは買いたくなるようなブームを起こすしデザインも洗練されているのがミソかも。BCLブームにすっかり乗せられた世代。NECと言えば情報機器のイメージ。初めて買ったノートパソコンが98NOTEだったし、携帯電話もNの折りたたみばかり買っていた。現在はPのスマホ。なんと言っても田舎なもんでXi(クロッシィ)回線が届いてない。データ通信ならXi(クロッシィ)契約の方が安いけれど、携帯電話を使うとなるとまだFOMA契約が安い。そんなわけで大画面の方を選んだ。
シャープで使ったと言えば、現在のデータ通信カードの源流になったP-inぐらいですかね。パソコンに入れるだけでインターネット。2つほど使い倒してしまった。本当に「目のつけどころが、シャープ」でした。

"総合家電メーカーSHARPが苦境に!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント