日航機墜落27年

今日は8月12日(日)、日航ジャンボ機墜落事故から27年。この日は今の施設に来て、初めてのお盆の帰省だったので、自分もこの施設で27回目の夏を迎え、もうすぐ28年目になる。
何回も書いたようだけど、お盆の帰省で家に着き、両親と一緒に早めの夕食を食べて、茶の間で一人NHKをなにげに見ていたらニュース速報のテロップが出てきた。「日航123便 消息不明」というものだったが、そのうち慌ただしくなってきて、番組は中断され、ニューススタジオからに切り替わった。両親を叩き起こして一緒に見始めたら、「米軍横田基地も緊急着陸準備しました」と伝わったとたん、父親が慌てだした。「横田基地って、うちの方だよ」びっくりした自分と母親。父親が外に出ると前の山に白い煙が上がっている。「かあちゃん、あれじゃねえか?110番してやれ」と言い。電話したら駐在さんがやってきた。自分は急いで警察無線の受信機を隠した・・・。そうしているうちに、秩父から群馬方面を捜索中。と出てきたときに酔っ払っていても、方向感覚は鋭い父親に感心。
テレビは木村太郎さんが出てきて、乗客名簿を読み始めているが、「御巣鷹山の尾根」と報道されたのは翌日。一晩中消防車がサイレンならして通り過ぎていき、翌朝は家の前の国道をテレビ中継車が何台も通っていき、ヘリコプターの爆音が家の上空で鳴り響く事態になった。
これもまたアメリカがずさんな改修工事が発端だけど、定期検査で見つけていれば500人以上の犠牲者は出なかっただろうに。日航さん、鶴丸マークを復活させて格安航空会社も作って、再上場のようだが、こんな惨事は2度と起こさないで欲しいと思います。



日航ジャンボ機墜落—朝日新聞の24時 (朝日文庫)
朝日新聞社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日航ジャンボ機墜落—朝日新聞の24時 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"日航機墜落27年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント