「京都地検の女」 16・0%

テレビ朝日・東映がすごい勢いだ。なんとも「京都地検の女」までこの数字をたたき出した。たしかに面白いんだよね。初期の頃は女性向けかなと思っていたが、益岡徹が加入し、船越くんから寺島進に交代してワイルドさが出てきて、大杉漣さんが新レギュラーになったと思ったら、片桐竜次さんもちょい役で出てきた。おまけに蟹江敬三さんまでいる。昔なら悪役ばかりなんだけれど、なぜか正義の味方なのです。
まあ、名取裕子さんと渡瀬恒彦さんは主役なので、あえて書く必要もないけれど。これもある意味「相棒」効果なんですかね?



恐慌と疑獄—東京地検特捜部 (潮ライブラリー)
潮出版社
山本 祐司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐慌と疑獄—東京地検特捜部 (潮ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"「京都地検の女」 16・0%" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント