警視庁の建物

刑事物を見るたび出てくる警視庁の建物。建て替えられて何十年なんだろうか。旧庁舎も「七人の刑事」とか「特別機動捜査隊」に出てきたのでこっちもイメージ強い。「交渉人」に出てくる警視庁第二庁舎、実際にあるかどうか知らないけれど、あのデザインの方が旧庁舎に近い雰囲気。
本庁舎と言えば、やっぱり「相棒」のイメージになってしまった。あの中に「陸の孤島」があるのかと思ってしまう。エリートばかりの刑事ドラマの舞台が多かった警視庁庁舎だったが、ひねくれ者も活躍できる場所になった。まあ「非情のライセンス」の特捜部もひねくれ者だったが、周囲からはやっぱりエリートとみられていた。「陸の孤島」といえば、加茂ちゃんの個室も陸の孤島と呼ばれている。もとは7号室という部屋のトイレ部分。3年前に改修されて8号室となったものの施設の書類は、ほとんど「7号室扱い」にされてしまっている部屋。特命係が他人事とは思えないのです。今度「島流し」にされたら、中庭の物置か防災備蓄倉庫でしょう。

"警視庁の建物" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント