個人輸入はやってみるもの!

円高、円高と騒がれているので、どんなものかと実際に体験してみた。
国内メーカーの短波ラジオは壊滅状態。楽天を見ても安定しているのは、ICF-SW7600GRぐらいしかないので、航空無線が聞きたい亀ちゃん、無謀にもamazon.comから直接購入学校時代には「英語」が苦手だったのですが、「単語」と自分の住所の英語表記が分かれば、日本のamazon.co.jpと、インターフェースはそれほど変わりません。
SWとかRADIOと打ち込んで、GOとクリックするといろんな短波ラジオが出てきたこりゃ、30年以上も前の日本のBCLブームと同じかそれ以上

んでもってさらにAIRと打ち込み検索すると、"Grundig G6 Aviator"のノーマルエディションが出てきた。$100とあったので、為替レートで換算いてみると、9000円前後亀ちゃんが生まれた頃は1ドル=360円という固定相場。これでいけば36000円にもなってしまう。なるほど、ドルの価値が下がってしまったんだと納得だから、円高・ドル安というんだ

さっそくカートに入れて、VISAカードで決済。本体・手数料・送料込みで、12,649円でした。アマゾンから届くメールにはちゃんとこんな具合に日本円で表示されます。

Subtotal of Items: JPY 8,992
Shipping & Handling: JPY 3,054
---------
Import Fees Deposit JPY 603
---------
Total for this Order: JPY 12,649

JPYって、日本円のことだったのね

UPS便で送られてくるので、Tracking number(伝票番号とも訳すのか?)を使えば、荷物が追跡できるのでやってみた。

商品はラスベガスから出荷。カジノの街とは知っていたけれど、ネバダ州にあったのね
オンタリオ経由カナダへ行くの?と思ったら、カリフォルニア州にあるオンタリオ市、オンタリオ国際空港


ラジオ1台買って、いろいろ学んだ

"個人輸入はやってみるもの!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント