零戦燃ゆ

「終戦記念日」特集でやる映画ですが、原作は柳田邦男さんの長編ノンフィクション。前作の「零式戦闘機」も含めると厚さ1センチ以上もある文庫本7冊にもなる。「零式戦闘機」が開発ストーリーになっていて、「零戦燃ゆ」は実戦に出た戦記になっている。
零戦は終戦後消えていったが、技術は生き続けて、高度経済成長の原動力になり新幹線やYS-11の基礎となった。しかしまあ徹底した軽量化と安全性警視と部分もあり、負の遺産は、ダイヤモンドマークの某自動車メーカーに受け継がれてしまい、故障どころか死亡事故まで引き起こして、会社存続の危機でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック