耐用年数6年

車椅子がだいぶ傷んできたので、更新できるかどうか役場のケースワーカーに聞いてみたら、今年度から6年が耐用年数になりました。と言われた。たしかに2月に公表されていたがこんなに早く実施するとは厚生労働省もひどい役所になったものだ。
決める前に障害者からの意見聞いたのだろうか?確かに材質も加工方法も良くなり、1年くらいは延長しても大丈夫なようだが、車椅子は毎日使い、足と同じである。大事には使えないもの。特に脳性マヒは「不随意運動」なんてものがあるから、とんでもない力がかかってしまうので、車椅子の疲労も早い。5年でもやっと使っているくらいである。こういうことを理解してから法令を改定してほしい。
ところで厚生労働省の官僚さん、地方に飛ばされると脅されて100万円払ったとか。どっちもどっちだね。国民には厳しいことを押しつけておきながら、自分たちは嫌なことから逃げるのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック